画像

印刷時に画像が表示されない場合があります。
ページの最後までスクロールしてから印刷してください。

土浦市立博物館再開館記念第44回特別展「土浦のたからもの―守り伝える、未来へ―」開催!

TwitterFacebookLine

 土浦市立博物館は、昭和63(1988)年の開館以来、活動の大きな柱のひとつとして、土浦の歴史を伝える資料を収集してきました。江戸時代に土浦を長く治めた大名土屋家ゆかりの品々をはじめ、社寺や地区に伝わる品、市民の方々からの寄贈品など、伝来はさまざまです。
 開館36年目をむかえ、当館はこのたび収集資料の展示・保存環境を大幅に改善し、再開館することになりました。本展覧会では、当館の収蔵資料のなかから、市民の宝ともいえる貴重な品々をご覧いただきます。合わせて、収蔵資料をどのように守り、伝えてきたのか、その保存方法や修理の手法についてもご紹介します。
 現在の「蔵」としての博物館が、土浦の「たからもの」である収蔵資料を伝えていくことについて、考えていただく機会となれば幸いです。

第44回特別展ちらし

【会 期】令和6年1月6日(土曜日)から3月17日(日曜日)まで

【休館日】月曜日(1/8、2/12を除く)、1/9・2/13(火曜日)

【入館料】一般 200円(150円)、高校生 以下無料
     ※( )内は20名以上の団体料金
     ※障害者手帳をお持ちの方と、介護者の方1名は無料になります。

【後 援】(一社)土浦市観光協会

★新春は博物館で迎えよう―入館無料;1/6(土)、1/7(日)、1/8(月)は無料で入館いただけます。

【展示構成】
第1章 名品をあつめる―大名土屋家の文化ー
第2章 光をあてる―博物館のたからものー
第3章 未来へつなぐー守り伝える人とモノー

【関連イベント】
★土浦城櫓門の太鼓実演
江戸時代に櫓門で刻を告げるために打たれていた太鼓。修復によりかつての音色をとり戻した太鼓を打ち鳴らします。
〈日時〉1月8日(月)正午(20分程度)
〈会場〉当館2階 展示ホール
〈協力〉刻の太鼓保存会

★土浦幼稚園旧蔵リードオルガンの演奏
修復が行われ蘇ったリードオルガンの音色をお楽しみください。
〈日時〉2月10日(土) 午後1時30分・3時(各15分程度)
〈会場〉当館2階 展示室3
〈協力〉土浦聖バルナバ教会所属オルガニスト

★学芸員による展示案内会
〈日時〉2月24日(土)、3月17日(日) 午前11時・午後2時(各30分程度)
◎オンライン解説:3章構成の展示の解説動画を配信します(各章2分半程度)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは土浦市立博物館です。

土浦市立博物館 〒300-0043 茨城県土浦市中央一丁目15-18

電話番号:029-824-2928(直) ファックス番号:029-824-9423